Unity3m

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Unity3分クッキングに失敗

Unity3m学内LT発表会にて
大学の学科で「LT大会」という5分なんでも発表会がありました。私はUnityでゲームを作るたのしさ、想像した物が形になる嬉しさを伝えるため、発表内で「Unity3分クッキング」をやることにしました。
「Unity3分クッキング お手軽!ボールころがし」というタイトルで、new project後の状態から3分以内にボールを転がすゲームを作るというものです。

- 制作手順 -
手順としては、
1. フィールドとなるCubeを作成
2. ボールを作成・Rigidbodyコンポーネントをアタッチ
3. 再生し、ボールが落下することを確認。(ここでUnityすごいでしょアピール)
4. スクリプト「Move」を作成。Input.Axis("Horizontal")とInput.Axis("Vertical")で上下入力を取り、Rigidbody.AddForce(Vector3)に与える。
5. 再生し、転がることを確認。(3分経過)
という流れのはずでした。

- 本番 -
しかし!手順3でUnityが20秒固まるという事態に。さらに手順4でXamarinが30秒固まり、3分が絶望的になります。画面のミラーリングで、スクリーンに映していたので不安定だったのかもしれません。
ここで焦った私は、RigidをRididと書き間違えたり、public speed = 4f;と書いてfloat無しエラーを出したり、AddForceではなくvelocityに直接代入したり、入力値にspeedを掛け算しなかったりとダメダメでした。
結局5分クッキングになり、ボールはジャンプ台を飛べず落下してしまいましたが、皆が笑ってくれたのでホッとしました。
あれはあれで楽しかったです。




あの後どうしても気になって、発表後の30分で完成させました。
とりあえず感はありますが、ジャンプギミックやマテリアルも追加したのでなかなか良くなっていると思います。

こちらからプレイできます。
http://unityroom.com/games/play/393

来年こそはリベンジしたいですね。




発表の予行演習中に気が付いたのですが、GoogleChromeではUnityPlayerが使えなくなっていますね。MacでChromeを使っていたので不便です。FireFoxを使ってみたのですがUnityPlayerが固まったり重くなる・・・

これを期にSafariに戻ろうかと思います。IEは未確認ですが、使えると思います。
関連記事

tag : Unity

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

DAIKI

Author:DAIKI
Unityゲーム作ってる大学生。PC・Androidゲームを制作してます。
+ twitter
+ Facebook
+ GooglePlayゲームリスト

カテゴリ
カウンター
検索フォーム
リンク
気になるサイトなど・・・
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。